玉置真理 ホームページ 
Text Size :  A A A
  top    news    gallery    about    notes    links    mail    live schedule!    
前回はちょっと怖い話?だったので
今日はアフリカの友達の話を。

同じクラスター内に住む南ア人の黒人の三姉妹
(上から10歳、8歳、4歳)が、うちの息子を
すごーく可愛がってくれるのです。
家の前を通ると窓から顔を出して今行くから待ってて!
と急いで出てきたりするのです。
我が家のガレージのシャッターが開いていたりすると、
「あーそーぼー!」と家に遊びにきたり、
なにこの人と人が近い感じ。
この昭和な感じ(アフリカだけど)。
最初は突然やってくるのに少々ビビっていたのですが、
しかし彼女達、恐ろしく素直で元気で好奇心旺盛で
ものすごく良い子達なのです。
良い子さの種類が日本人の子供とも
白人の子供とも違う。

遊んでいるうちにお腹が空いたと言うので
オヤツをみんなで食べたり、私の画材を見つけて
絵を描きたい!と言うので、
急遽お絵描き教室を開催したり。
これからトリミングサロンに犬を迎えに行くと言うと
付いて行きたい!と。しかも彼女たちの家に遊びに
来ていた従姉妹も呼んで、私の運転する車に
女子4名と男児(息子)1名に犬を乗せ、
みんなでABCの歌を大合唱しながらの珍道中。
時々心配になって「あなた達のママは
このこと知ってるの?」と聞くのですが
(彼女達のママとはお互いあまり面識がない)、
ちょいちょい家まで走って許可を取りに
行ったりしてるからOKみたい。
・・この世界有数の犯罪都市で
大らかというか適当というか。
息子も彼女達のエネルギーにつられるのか、
テンション高めで楽しそうなのです。
私は、時々4歳の子に英語の間違いを
指摘されたりするのですけれどね。。
それでも遊びに混ざってるととても新鮮。

今は夏休みでケープタウンのおばあちゃんの家に
行っていて、彼女達の急襲がなくて、ちょっと寂しい。
出発する前、3回目のお別れを言いに来てくれた時には
正直「まだ出発してなかったのかいな!」
と思いましたけれど。

Img_a9b12687b609bf3f913889c9c52266b6
子供は絵筆を持つとテンション上がるみたいです。